- STYLE A DAY

October 18th, 2020

TODAY’S OFFERING

【TODAY’S OFFERING】

APUNT B のパンツ

 

一見地味な存在に見えるけれど、奥深い味を醸し出すブランド、APUNT B(アプントビー)。「ほっこり」と短絡的に解釈したら、もったいない。素材の追求とパターンの素晴らしさは、他のブランドの群を抜いていると私は思っています。エッジィ=パターン優秀、と考えがちですが、そうではないと教えてくれるのがAPUNT B(アプントビー)の洋服。体のシルエットを出す洋服ではないので、世界観から生み出される独特のフォルムを味わうのがこのブランドとの向き合い方。他のどこにもないムードとシルエットを手に入れられるのがAPUNT B(アプントビー)の洋服です。

恥ずかしながらバイヤーの私ですら、APUNT B(アプントビー)の展示会で数回スルーしています。素人か、と自分に言いたい…。なぜスルーしたかというと、特徴がないと思ったから。いえ、本当は特徴満載なのですが、気が付きにくいのです。KELLYでAPUNT B(アプントビー)をご紹介する際に、「着ないと解らないので、まず着てみてください」とお話しするのは、実体験から感じた本心中の本心。私も展示会で着て味わって、それからジワジワと良さが染み込んできたブランドなので、まずは話すよりもお試しいただきたい、と思っています。KELLYは着ないと解らないアイテムが多い。袖を通し立体的になって、ようやく隠れていたパターンテクニックなどの深さが見えてくるアイテムが多いから。素材の特徴をよく捉えていて、その素材のパフォーマンスを上手く引き出した洋服は着た時にわかります。APUNT B(アプントビー)のコレクションはそんなアイテムが多い。初見のパンチはないが、ジワジワ心を掴んでいきます。

この秋冬シーズン、APUNT B(アプントビー)が得意とするパンツをKELLYはセレクト。ミニコレクションにしています。生地そのものに表情があり、それを生かす優秀なパターンテクニック。タイムレスな魅力がぎっしりと詰まっています。「KELLY」というこのお店は一つ一つそれぞれが輝きを放つようなものの集合体にしたいと思っています。例えるなら、一粒一粒が輝く超美味い銀シャリみたいなお店。それを象徴するかのようなAPUNT B(アプントビー)のパンツコレクション。派手な存在ではありませんが、スタイリングのバランスやムードを司る良い仕事をしてくれます。お話しは置いておいて、まず履いてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザイナーはBarbara Garofalo(バルバラ・ガラファーロ)。
帽子のクリエーターだった祖母の名前 Angela Brunozzi から a.bを命名し、祖母から受け継いだ知識を反映させブランドを設立。ベーシックなシェープと独自のボリューム感でイージーウェアアイテムを提案。
素材は可能な限りピュアで高品質なものを用い、ハンドメイドにてイタリア(トスカーナ)で製作。生地選びがコレクションのポイント。色バリエーション、パターンバリエーション(チェック、ストライプ、無地)がコレクションの世界観を広げる。人が身に着けて初めて、クリエーションが完結する。