RIEFE リーフェ

「誰にも左右されない”自分”を生きる人のシンボルとなるファインジュエリー」、RIEFE(リーフェ)。「with Strength(強さという美しさ)」をコンセプトに、自己のスタイルを大切にする女性に向けて2018年にデビューしたばかりのジュエリーブランド。デザイナーは、「CHROME HEARTS」や「A&G」で活躍した、Guillaume Pajolec(ギローム・パジョレック)からワックスカービングなどを学んだことで、石の世界に魅了され、パリのハイジュエラーの工房などでさらにジュエリーの世界の奥深さを知り、海外で学んだ後「Y-3」のアクセサリー全般の製作に携わりました。その後、温めていた構想を自身のブランドであるRIEFE(リーフェ)でかたちにします。宝石鑑定の資格を持ち、日本国内の技術の高いジュエリー職人の手によって一つ一つ丁寧に製作をされるRIEFE(リーフェ)。「女性のしわを美しく見せるジュエリーをつくりたかった」とデザイナーは語り、歳を重ねて生み出される女性の美をRIEFE(リーフェ)で表現しています。今までのファインジュエリーにはなかった、エッジィさと上質の融合を楽しめます。