DRIES VAN NOTEN ドリス ヴァン ノッテン

Dries Van Noten(ドリスヴァンノッテン)はアントワープ王立美術アカデミーのデザイン科に入学。卒業後、政府のモード活性化の為のプロジェクトに参加。その才能を認められ、1985年アントワープで自身のブランドをスタートし、ファッション業界に新しい波を起こしていきます。デザイン画ではなく、生地作りからスタートする稀有なドリスのデザインワーク。生地選定に始まり、ドリスの洋服に欠かせないスパンコールやビーズの細かな刺繍を生み出す自社刺繍工場のハンドクラフトの表現、自称「病的な完全主義者」のドリスから、美しい洋服とルックは生み出されます。

* KELLYの店頭商品全てをEC商品ページに掲載しておりませんので、お探しの商品がありましたらぜひお問い合わせください。