- EDITOR’S PICS

May 22nd, 2017

季節と一緒になれる服

DEMYLEE(デミリー)のピマコットンのカットソーをKELLYに並べることが、私たちの夏の序章。毎年のこの定番の行為が、向かってくる夏をリアルに実感する時でもあります。世界初の旗艦店がスタートを切り、ますますその人気が加速し盛り上がりを見せているニューヨークのニットブランドのDEMYLEE(デミリー)。ニットが中心のブランドですが、上質なカットソーもブランドのスタンダードアイテムとしてコレクションに必ずラインナップされ、ニット同様にブランドの顔となっています。まだまだ知名度もそれほどなく無名に近かったDEMYLEE(デミリー)をニューヨークのショールームで見ていた時から考えると、今はデザインがぐっと洗練され製品力もアップし、それに伴い着々とファンやリピーターを増やしています。

デリケートな肌の方でも楽しめる洋服を作りたい。デザイナーのDemy Lee(デミ・リー)自身が着ていて心地の良いものを身につけたいという発想から、DEMYLEE(デミリー)は生まれています。Demy Lee(デミ・リー)は上質な素材にこだわりを持って制作活動をする中で、お気に入りのコットンが「ピマコットン」。エジプト綿とアメリカ綿の交配種で、栽培に適した土壌が極めて少ない希少な綿。その希少な綿花から生まれた生地は艶やかで滑らか、そしてさらりとしてドライ、非常に着心地良くシルキーな光沢が美しいのです。Demy Lee(デミ・リー)が得意なドレープやギャザーに見事にフィットする生地です。今シーズンは特に以前からDemy Lee(デミ・リー)が気に入って使っていたデザインの、バックスタイルがギャザーのアイテムが充実。背中で個性を表現、は今年絶対に外せないキーワードです。

季節を自然に受け止めて、風や日差しと一緒に過ごせる洋服。その素直な印象の服は、デザイナーDemy Leeの人柄とシンクロしているような気がしています。

ep3

epepep