- EDITOR’S PICS

October 24th, 2016

MY SPECIAL SEASON’S EDITION

ep

KELLYの人気ブランド、HARVEY FAIRCLOTH(ハーヴェイフェアクロス)。HARVEY FAIRCLOTH(ハーヴェイフェアクロス)と言えば、毎シーズンコレクションに欠かせないSPECIAL EDITION。デッドストックのミリタリージャケットやスウェットをリメイクし、エコファーやジャージやシルクサテンなど異素材切り替えをほどこし、シーズンの気分にフィットする新しいデザインに進化をさせたコレクションです。SPECIAL EDITIONがスタートした頃は数型のみのコレクションでしたが、今ではHARVEY FAIRCLOTH(ハーヴェイフェアクロス)の代名詞となりメインラインと同様に人気のコレクションとなっています。

今シーズンのHARVEY FAIRCLOTH(ハーヴェイフェアクロス)はいつもに増してフェミニンなムード。それはSPECIAL EDITIONにも投影されています。トラッドマインドを感じさせるトムボーイ的なムードはエッセンスだけとなり、遊び心を感じるファッションを大人の女性が楽しめるデザインが豊富となり、今シーズンはぐっと進化したラインナッップとなっています。コレクションを通して使われているのが、ミンク風フォックス風のエコファー。スウェットやニット、あらゆるものにファー。私たちがHARVEY FAIRCLOTH(ハーヴェイフェアクロス)を発注しているのは半年前のニューヨークなので、最近見かけるファーアクセントのシューズやバッグやウェアなどはこのブランドがリードしていると言っても良いかもしれませんね。

この秋、私がおすすめするのはSPECIAL EDITIONのフーデッドコート。これまでのシーズンはミリタリージャケットのリメイクでしたが、今回はコートが登場。フォックス風のファーの裾のトリミングが効いていて、これ一つでミックススタイルが完成します。半年前のバイイング時、ショールームで我々バイヤー陣のときめきで熱くなった曰くつきアイテム。オーバーサイズドが定着してきている今、本物のミリタリーの太いアームホールがストライク。本物のミリタリーコートだから自然なデザインなのですが、それが不思議と「今」なファッショナブルさに見えてきます。今シーズンはざっくりとしたミドルやローゲージのニットがKELLYはおすすめなので、物理的に重ね着にぴったりです。

この10月頭の来春の為のバイイングの際も、私たちがシュールームを訪れたときに3カ国のバイヤーが重なってピックアップするという事態が生じたくらいに各国で盛り上がりをみせているHARVEY FAIRCLOTH(ハーヴェイフェアクロス)。マインドと表現のバランスが良い感じにどんどん進化している今最も要注目のブランドです。

 


KELLY 025-222-1354

商品のお問い合わせをお受けしております。

AM11:00〜PM8:00  *水曜定休

こちらでバイヤーズアイをご紹介しております。
ぜひインスタグラムをご覧ください。
https://www.instagram.com/a.smith_official/