- EDITOR’S PICS

July 25th, 2016

ONLY ONEのすすめ

GRAPHIC IMAGE(グラフックイメージ)オーダーフェアがスタートしました。毎年ご好評いただいていている翌年のスケジュール帳のオーダー会。楽しみにしていただいているお客様が年々増えてきていることは、本当にありがたいことと思っております。

このフェアは、バイヤーの私がプライベートで買い続けている手帳がきっかけでした。出会いは数年前、バイイングの合間に立ち寄った、KATE’S PAPERIEというラッピングペーパーやグリーティングガードなど紙類を中心とした文房具や画材を取り扱う専門店でした。ギフトの文化が根付いている海外の充実した紙の文化にふれることが楽しくて、その当時時間があると必ず立ち寄っていたショップです。その店内に、レギュラーの位置であろうしっかりとした木製の陳列棚に、ラインナッップされているレザーの装丁の手帳を見つけます。上質なレザーに包まれた様々なサイズの手帳やノート。そのクオリティやカラーやレザーの豊富さに感銘し、一つ試しに買ってみたのがきっかけでした。それ以来、毎年9月の出張の時にはGRAPHIC IMAGE(グラフックイメージ)の来年の手帳を手にいれることがルーティンとなって、必ずそこで購入するようになりました。それまで手帳を買ったことがなかったわけではありませんが、ここまでプライスも装丁も内容もしっかりしたものを買ったことがなかったような気がします。それまでは、まさにスケジュール管理が優先で「わかる」ことがプライオリティ。予定の管理や記録を残すだけでなく、所有することの満足感やブック自体のクオリティに対して気を使ってはいましたが、なかなか満足がいくものとの出会いがなかったように思います。毎日使うものへの充実感をさらに意識したきっかけでもありました。

毎年このダイアリーを買うようになってGRAPHIC IMAGE(グラフックイメージ)を意識するようになると、このブランドが世界中の著名なショップのオリジナルダイアリーの製作を請け負っていることを知ります。BERGDORF GOODMANの上階、テーブルウェアやインテリア雑貨など世界中から集められたハイクオリティのグッズが並ぶフロアにもコーナーを構えているGRAPHIC IMAGE(グラフックイメージ)。ここにラインナップされている手帳を見てみると、ここのBERGDORF GOODMANのオリジナル刻印がされてあります。カンパニーオリジナルの刻印をして私たちのお店での展開。これが私の夢となりました。

その後、あるきっかけからGRAPHIC IMAGE(グラフックイメージ)の方と出会うことことになって、日本の個店への輸出が可能で、しかもカンパニーネームの刻印とイニシャルオーダーが私たちも出来ることを聞きオーダーフェアをスタートさせます。自分が使っていて「いい」と思っているものをその年から皆さまにご紹介が出来るようになりました。

このオーダー会は、手帳のレザーの種類と色を選べるだけでなく、ご自身のイニシャルの刻印のオーダーが出来るフェア。イニシャルオーダーはステイタスの象徴であったり、世界に一つだけのものを作り出すという行為。イニシャルを入れることで、そのダイアリーに対しての愛着は一層増します。イニシャルが入り、自分の歴史がダイアリーに刻まれ、さらに世界で一つだけのものになっていきます。管理だけでなく、これは自分の歩みを刻んだヒストリーブック。毎年書き終えたものを大切に保管し、年を重ねてから見返すことが私の楽しみ。スケジュール管理の為だけではなく、歩みの記憶としてこのダイアリーをお使いいただきたいと思っています。

ぜひお試しいただきたいGRAPHIC IMAGE(グラフックイメージ)のダイアリー。世界に一つだけのダイアリーをぜひ手に入れていただきたいと思います。