- EDITOR’S PICS

April 25th, 2016

2016 KARL DONOGHUE ORDER FAIR

2016 AUTUMN&WINTER KARL DONOGHUEのオーダーフェアがスタート。たくさんの方々にご来店頂きまして、大変好評となっております。KARL DONOGHUEはイギリス人デザイナーKarl Donoghueが手がけるムートンを中心としたレザーアイテムブランド。ヨーロッパの著名なタンナリーとタッグを組み、ファッション性が高くオリジナリティのあるムートンコートやジャケットなどを毎年発表しています。2016 AUTUMN&WINTERコレクションは、これまでよりも洗練されたフェミニンなデザインが豊富となり、クラスアップしたムードとなりました。今までは男性デザイナー特有のエッジィなパターンが彼のスタンダードでしたが、女性が好む柔らかい品の良いイメージのデザインが充実してステージを上げた今シーズンは、バイヤーの私も過去最高と感じているコレクションです。ファーやレザーのブランドで、毎シーズンコレクションの内容をここまでアップデートし、新しいカラーやデザインをクリエイションするブランドは少なく、私たちを飽きさせず新鮮な発見を与えてくれます。サンプルをライナップしオーダーを行えるのは、日本の中でも限られたショップのみとなっている希少なフェアです。この機会にKARL DONOGHUEの幅広い世界観の中で、デザイン、カラー、サイズを選んで頂いて自分の好みにフィットする愛着の持てる一着をオーダーして頂きたいと思います。今日はまだご覧いただいていない皆さまにコレクションの一部をご紹介したいと思います。

 

kd2

kd3

KARL DONOGHUEの代名詞となっているスペイン産のトスカーナラムスキンのロングジレ。染色後にストレートアイロンを施した、フォックスのような豊かな長毛特徴です。リバーシブルでフレキシブルにスタイリングを変化出来る仕様も魅力のひとつ。レザーのメッシュエンボス加工も今年ならではの仕上げです。昨年から登場し好評を博したデザインが新色で登場しました。お色は3色の中からお選び頂けます。

 

kd4

kd5

こちらもリバーシブル仕様となっているコート。ランダムで動きのあるテディベアような質感。短毛のライトさが気軽にファーコート楽しめるイメージです。裏表を返すと全く違った表情になるのも魅力。2枚のコートを所有したような気分になれて、毎日違ったスタイリングを楽しめます。

kd8

新登場のアンゴラニットとラムのリボンスカーフ。一点一点ユニークなピースにするために自然なエッジを生かしてレザーのカットを施しています。アンゴラとラムの毛足のコントラストが素敵なスカーフとセットでお使いいただけるニットキャップやグローブもご紹介しています。