- EDITOR’S PICS

December 28th, 2015

TRY ON IT !!!

RAG&BONEといえば…、今はなんといってもこのFLOPPY BRIM FEDORA HAT 。デニムから火がつき、ニューヨークコレクションにも参加し人気ブランドとなったRAG&BONE。RAG&BONE=デニムのイメージもまだまだ強く人気は今も衰えないのですが、デニムに追いつく勢いでブランドサイドも驚くほど全世界的にセールスの記録をつくっているのがこのFLOPPY BRIM FEDORA HATです。

なぜそんなに人気なのか?そこにはRAG&BONEらしいこだわりや価値観が込められていることが人気の理由の一つとして挙げられます。RAG&BONEはイギリス人の男性2人がデザイナーですが、男性特有の「モノ」へのこだわりがこのハットには感じられます。もともとMADE IN USAにこだわってデニムの開発をし、それに合うベルトをわざわざイギリスのファクトリーにオーダーしたり、「製品の顔」にこだわってRAG&BONEは生産国やファクトリーを選んでいます。私たちも「製品の顔」にこだわりをもって仕入れをしているので、共鳴できる価値観を持っているブランドと感じています。

ペンシルバニアのアダムスタウンのクラシックな製法を守るBollman Hat Companyで熟練の職人によって丁寧に作られている FEDORA HAT。生まれて6ヶ月の羊の毛を成型し染色圧縮をかけ、形やサイズを整え、RAG&BONEのオリジナルのレザーバンドがついて製品となります。たくさんの工程を経て生まれたハットは、歴史とRAG&BONEの新しい感性が加わったなんとも新鮮な表情。女性用のハットに今までなかった少し無骨な雰囲気は、女性の甘さに辛口な表情が加わりスタイリングに新鮮さを醸し出します。

FBFB

FH2

ハットは「特別なもの」と思ってらっしゃる方もまだまだと多いと思います。お洋服の傾向がベーシックを軸にしている今は、洋服を飾るアイテムが大切です。ハット、バッグ、シューズ、アクセサリーが個性を発揮させる味方となります。それさえあればすぐに「素敵」が手に入るハットは、実は簡単におしゃれに見えてしまう素晴らしいアイテムです。そして、いつでも隙なくばっちりおしゃれしたいところですが、日々忙しい私たちにはいつもの80%の仕上がりの日も言いたくはないけれど絶対にあるはず。髪のセットがいまいちでも、お化粧が不完全でも、出掛けなくてはいけないときにFEDORA HATは強い味方になってくれるはず。RAG&BONEのFLOPPY BRIM FEDORA HATファンのジェニファー・ローレンスやミランダ・カーも、絶対にそんな不完全な仕上がりの日があるはず、と思いたい…。あそこにもここにも手をかけないと出掛けられない私たち女性のための、リラックスアイテムがこの FEDORA HATなのです。かっこつける日も、かっこつけない日も、間違いなく欠かせないアイテムになるはずです。

FH3