- EDITOR’S PICS

September 21st, 2015

ものを選ぶ視点。

秋物選びも本格的なシーズンに突入、みなさまのショッピング事情はいかがですか?今回お話しするのは「私的ものの選びかた」について。今シーズン買ったもの、ものを選ぶ決め手、について、お店でご質問を受けることが多いからです。

 

BK2

おしゃれが楽しくてしかたなかった頃は、トラッドスタイルに夢中でした。ですから今も、トラッドがベースにあって、さらにモードなデザインやあしらいを感じるものには無条件に惹かれてしまいます。今まで一度も”トラッド”に飽きるということがなかったので、これぞ!というものに出合えたときは迷わずワードローブに加えます。今シーズンはドリスのネイビージャケット(紺ブレ!)やグレーのVネックカーディガン。正統派な趣きにモードなあしらいが漂っていて、これから長い付き合いになりそうです。

 

BK3

以前パリの某メゾンセールスディレクターに、「黒以外の色違いはないのか、だって?ふうー(←ため息)、そんなこと言うの、日本人だけだよ。」と諭されたからではないけれど、黒のアイテムは私にとって特別で別格なもの。クローゼットの一角は漆黒の闇と化しています。それでもそれらに飽きることはないし、「今シーズンならではな」黒にも敏感でいたい。それに黒はヘビーローテーション確実ですし。ランバンのジャージィジャケットとジョグパンツは、上質な素材でリラックスした趣き、黒ならではのシリアスさがうまく緩和されていて。手持ちの服に合わせやすいのと同時にスタイルに新鮮さも加えてくれて、やっぱり「黒」って偉大だな、と思わされてしまいます。

 

a
最後の視点は「女らしさ」。女性らしさ、フェミニティへの憧れが、じぶんのなかでここ数年加速している気がします。凛としていながらもしなやかな、女性の先輩たちが周りに多いせいかもしれません。観察してみると、彼女らの女っぽさの秘密は「ディティールと素材」。ヒールの靴を日常に履きこなし、髪と肌がとてもきれい。ヒールのためにジム通いを欠かさなかったり、スタイルチェンジよりもトリートメントのためにヘアサロンに通い、香りの良いボディクリームにこだわっていたり。そんな彼女らには「若い!」という形容詞よりも、「綺麗!」という言葉のほうが似合う。そして綺麗な女のひとには、上質な、やわらかな素材が本当によく似合います。ランバンのドレスの上質なシルクタフタと手入れされた肌のコントラスト。デニムのシルエットをさらに美しく見せる繊細なハイヒール___色っぽい、とは違う「女らしさ」は、これからもさらに研究し続けたい課題です。

「トラッド」「黒」「フェミニティ」。もの選びのとき、この三つは必ず重視するファクター。「シーズンの気分」をそこにプラスしたら、もう完璧。自分らしく心地よくいられます。上に挙げた、大好きな「私的ワードローブ」たちはBYKELLYに並んでいます。よろしければ秋冬ショッピングのご参考になさってみてくださいね。