- EDITOR’S PICS

August 3rd, 2015

natural & sustainable

CP SHADES(シーピーシェイド)がKELLYに届きました!サンフランシスコから毎シーズン届くこのブランドがKELLYに並ぶと、西海岸の空気を感じるようなナチュラルなムードがお店の中に流れます。最近は季節の変わり目の、早いタイミングでの出荷をお願いしているので、片側でSTELLA McCARTNEYなどのコレクションブランドの新作が並び、片側でCP SHADESの洗いざらしのシャツが並ぶKELLYの立ち上がりの光景にいつも、KELLYっぽくていいなと思って眺めています。肩肘張らない気負わないムードが、ファッションは大好きだけれど、自分らしいペースでスタイルを持ってファッションを楽しんでいる人のクローゼットみたい。恒例のこの空気感が私にとってとても心地よいのです。

裁断、縫製、ガーメントダイ、全ての工程をサンフランシスコの自社ファクトリーで行うCP SHADES。デザイナーの目の届くファクトリーで、それぞれの工程を熟練の職人が担当し製作します。30年以上変わらない工程のスタイル。そして表現のスタイルも核となる部分を変えずに守りながら、時代のフィーリングにフィットしたものを世に送り出しています。

コットン、リネン、などのオーガニック素材を中心としたCP SHADESですが、無地、チェック、シャンブレー、そして多彩なガーメントダイ、と素材と織り柄の組み合わせは無限大。実は形に対しての表現方法が多彩なブランド。私たちのリクエストを柔軟に答えてくれるブランドなのです。そんななんでも出来るのが特徴のCP SHADESを、展開し始めたばかりの頃、白のリネンとコットンのシャツばかりオーダーしていたA.SMITHとKELLY。そのピンポイントな意思を感じるオーダーに興味をもってくれたのか、わざわざサンフランシスコから新潟までデザイナー訪ねてきてくれたことがありました。KELLYはCP SHADESだったからオーダーしていたのではなく、コーディネイトに必要な白いシャツだったのでオーダーしていました。そのスタイルから生み出された考えられた構成をデザイナーが感じてくれたのでしょう。皆様のシーズンのクローゼットを表現しているKELLY。ゆったりとしたカリフォルニアの空気も、パリやニューヨークの時代の風も、どちらも毎日のコーディネイトのなかで楽しんでいただければと思っています。

CP

CP2

CP3