- EDITOR’S PICS

July 27th, 2015

fashion,life,with “ADIDAS”

シューズは、その人のアイデンティティを映しだす。スタイリングの大切なアイテムのシューズ。それだけに、スニーカーを好んで履く人、パンプスを好んで履く人、自分の中で線を引いていた時がありました。これはこういった人が選ぶもの。ファッションに興味があるがゆえに、勝手な分類をすることが、全てをわかっている人に感じられて気持ちがいいのか、決めつけることに美学を持ち、頑なに守っていたような気がします。我が社に入って何年もそのように思っていたけれど、所属店舗が変わりKELLYのスタッフとして働くようになってからわかったことは、ライフスタイルの提案を“A.SMITH”という会社は表現していること。それは、今世の中で言われているライフスタイル提案ショップのそれとは違って、シーンに応じたスタイリングやファッションの幅を表現することを “A.SMITH”は大切にしているということでした。入社したばかりの頃、パンプスでスキー場に行ったことがあるくらい、かっこつけることが先で、シーンに対して全く無頓着な人間の私には、本当の“A.SMITH”を知ったことは、ちょっとしたカルチャーショック。我流の勝手なファッション感はそこで崩壊したのです。KELLYでは、一人の人物が、KELLYに置いてあるもの全てを楽しむことを理想としています。それは、ライフスタイルをベースに品揃えを考えているから。ドレスもTシャツもかっこよく着こなし、シーンに対してフィットしたおしゃれを楽しんでいきたいですね。

ショップの片側にADIDASのスニーカーが並び、反対側に行くと黒いパンプスがある。これが御社らしい表現ですよね。長くお付き合いしている、ある輸入代理店の方にそう言っていただいたことがあります。お店を眺めるときに、品揃えの考え方やアイデンティティを「読む」見方をする方のその一言は今でも忘れられない言葉。ここで働いている者の方がもしかしたら理解が浅いな、と感じた時でした。ファッションに対して柔軟だから、パンプスもスニーカーも履く!も、ライフスタイルの幅の表現としてどちらもシーンに応じて履き分けるも、前者も後者もKELLYにとってとても大切なことなのです。

KELLYの表現の幅。ADIDASのスニーカー。今シーズンはよりファッションにスニーカーをとり入れて頂きたいと考え、今まで以上に充実した品揃えでご紹介しています。KELLYが長く続けているADIDAS ORIGINALS(アディダス オリジナルズ)は、ADIDASの数あるラインの中のトップライン。ADIDASジャパン及びドイツ本社から取り扱いの許可を頂いたショップだけが販売可能なファッションラインは、ADIDASがそのシーズンに表現したいファッション感が色濃く反映されたラインです。世の中に大量に流通している同じモデル名のものとは、素材やシェイプなど根本的なつくりに違いがあり、物やファッションに対してこだわりが深い方に向けて発表され、洋服と同じようにコレクション発表に対してのバイオーダーで半年後にショップに並びます。今シーズンは、クラシックモデルのSUPER STARのデザインをベースに生まれたPRO MODEL VINTAGEなど、ヴィンテージ感を進化させたモデルが特に新鮮!さあ、皆様どれにしましょうか?