- EDITOR’S PICS

November 18th, 2019

YOU SHOULD HAVE IT !! : KELLYの名品カタログ vol.2

「目指せ。ジャケット、デビュー」

———– RAG&BONEのCLUB JACKET ——————

RAG&BONE、と言えばなんたってデニム 。アメリカのブランドならではの本格的な顔を表現し、不動の存在感を確立。もうまさにブランドのアイコン。その、と言えば意外に、KELLYが毎シーズン着目しているRAG&BONEの密かな得意アイテムが、ジャケット。長く何着もご紹介してきたので、そうそうと頷いてくださる方も多いかと思います。中でも、このCLUB JACKETはスタンダード中のスタンダード。特に装飾が派手ではありませんが、バランス良し、着心地良し、の優秀なジャケットです。特にこのカーディガン感覚で着られる裏なしのボックスタイプのジャケットは、ジャケットをあまり着られない方のチャレンジとアイテムとしても。「あまりジャケットを着ない」という方でも、気負いなく日常に溶け込みます。きちんと見えるカーディガン、と表現しても良いくらいのデイリー感が魅力です。私がバイイングに参加して10数年。新米バイヤーの頃に、RAG&BONEは立ち上がりました。そのころは、型数が片手くらい。デニム、トレンチコート、レザージャケット、などスタイリングの核となるスタンダードアイテムからスタートし、のちにニューヨークコレクションのランウェイまでにステージを上げていきました。男性のデザイナーならではの、コアアイテムを中心とするコレクションは、コーディネイトでご紹介をするKELLYにとっては欠かせないパートナー。名品が潜んでいるのが頷けるブランドです。