- EDITOR’S PICS

August 19th, 2019

私が考えるMISSONI

MISSONI(ミッソーニ)と言えば、誰もが知る世界的なトップブランド。その歴史もさることながら、色彩豊かな幾何学模様のジャガードニットの代名詞としてその名を世界中に知られています。今でもミッソーニ家がデザインワークをしきり、著名ブランドでは数少ない純粋な血統のブランドととして今でもファッション業界のトップに存在しています。

長く継続しているブランドには、いい意味でも悪い意味でもイメージがつきまといます。昔一斉を風靡したブランドがイメージされがちな、クラシックなブランド解釈の方も多いと思います。私はそのブランドが持つイメージを飛び越えて、クラフツマンシップの素晴らしさをMISSONI(ミッソーニ)に感じています。このブランドだけにしか表現が出来ないオンリーワンのデザイン。そのニッティングの技術は他者が真似が出来ず、ここだけでしか味わえないスペシャルなアイテムばかりです。希少な工芸品に近い感覚で私は見つめているのですが、この独自性はタイムレスで、ヴィンテージとして育てていく価値のある洋服です。

いつもこのブランドを、「フィルターをかけずに、製品力で感じて欲しい」と思っています。タイムレスなデザインを一度体験していただきたいと思います。