- EDITOR’S PICS

January 7th, 2019

MARNIが到着しました

新年あけましておめでとうございます。旧年以上に、刺激的で新鮮な発見をいつも感じていただけるKELLYを目指していきたいと思います。変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。新年初のEDITOR’S PICSはMARNI(マルニ)のプレコレクションをご紹介いたします。

待望のMARNI(マルニ)のプレコレクションが到着いたしました。第一弾の入荷は、ウェアに加えて、人気のウォレット、バッグ、シューズ。MARNI(マルニ)らしい配色の楽しいコレクションがKELLYに並んでいます。レザーや毛皮などを扱うメーカーから派生をしていったMARNI(マルニ)。デザイナーの結婚した先が毛皮メーカーだったことから、ファーに続いて洋服をつくり始め、今ではメンズコレクションやバッグコレクションも発表し、世界の名だたるブランドの一つとなっています。MARNI(マルニ)の凄いところは、一代でそれを築き上げ(今はその創業家は退任し、新しいクリエイティブディレクターが就任しています)、他のメゾンと肩を並べるようなステージに登りつめたところ。イメージを構築し、守りながら変化していく様は見事だと思っています。

では、MARNI(マルニ)のコレクションから、私のおすすめをご紹介いたします。

新型のバッグ。これは本当におすすめです。MARNI(マルニ)の配色のおしゃれさとスポーティさが魅力。MARNI(マルニ)といえば、トランクバッグというレザーバッグが今はアイコンとなっていますが、KELLYがオーダーしたスポーティブでライトなムードのMARNI(マルニ)のウェアには、このバッグがよく合います。MARNI(マルニ)感を楽しめて、実用的で優秀なバッグです。

MARNI(マルニ)で大人気のサンダル。KELLYでは、今回このピンク×ブラックをピックアップ。クールさと甘さの良い塩梅の配色です。コンフォータブルでおしゃれ、は今の時代のキーワード。MARNI(マルニ)のシューズの凄さは、履きやすい、と言うこと。ウェアブランドのシューズって履きにくさを感じるものも多くて、そういったものはバイイングしないのですが、これは全く別。MARNI(マルニ)のシューズばかりを履いている、と言う方もいるほどの履きやすさ。ぜひお試しいただきたいと思います。

ウェアでは、このブルゾンが私の一押し。まずバランスがかわいい。何をボトムに持ってきても、良く見える素敵なバランスです。袖からブラウスやニットを出して着ても良いので、何を見せるかを考えるのも楽しいブルゾンです。

春の気分が高まるMARNI(マルニ)のコレクション。ぜひ皆さまご覧ください。