- EDITOR’S PICS

July 23rd, 2018

NEW SEASON START

バイヤーのイメージのもっと先の未来を表現しているのがデザイナー。そのイメージが、今に近い未来なのか、ずっと先の未来なのか、どの地点の表現をコレクションで発表するのかは、デザイナーの感覚とビジネスの考え方にかかっているような気がします。バイイングをしていて、オンタイムで納得させられるコレクション、その時解りにくい印象だったものが後でじわじわと納得させられていくコレクションと様々ありますが、後者に出会った時にそのデザイナーの才能の深さに出会った、という感動があります。

このKELLYのAUTUMN&WINTERコレクションに初登場する、ALEXANDER WANG(アレキサンダーワン)。この秋冬のラインナップの中で、今季最も私がバイイング後に「納得」を何回もさせられているブランド。シーズンが近づくにつれ、彼のコレクションに導かれていたのがじわじわと分かってきた、という感覚にさせられています。先の未来へ導いてくれて、シーズンになったらほらこれが気分になったでしょう?、と言われたような感覚を覚えるデザイナーはそれ程多くなく、ビジネスのパートナーとして同じような歩みをしている感覚のブランドの方が多数。そんな中でリードしてそちらの方向に連れていくデザイナーは、才能がある、の一言。若くしてブランドを大きく成長させ、メゾンのデザイナーにも抜擢された経験や、コラボレーションなどでもマルチな才能を発揮するALEXANDER WANG(アレキサンダーワン)。その躍進も実際にコレクションに触れてみて納得を更にさせられています。もうすぐご紹介予定です。ぜひお楽しみに。

E2

E3

E4

E1