- EDITOR’S PICS

April 16th, 2018

SAINT JAMES × KELLY

私たちにとってとても身近な存在、SAINT JAMES(セントジェームス)。KELLYに行ったら必ず見かける、20年以上ご紹介をし続けている稀有なブランドです。私たちは、SAINT JAMES(セントジェームス)はバスクシャツの元祖としての普遍的な価値があるものという解釈と、ワードローブに欠かせないアイテムとしての解釈の2つの要素で考えて、KELLYに品揃えています。私たちがとらえるSAINT JAMES(セントジェームス)の着こなし方は、それをそのまま主役にしない着方。他が引き立って、意味を感じられるようなSAINT JAMES(セントジェームス)の着方をご紹介したいと思っています。ボーダーの本家を着ている満足感だけでは、SAINT JAMES(セントジェームス)の醍醐味は半分しか味わえていません。しっかりとした独特な厚手の生地は、存在感の強いデザイナーのコレクションに負けない質感。デザイナーが使用するしっかりとした高級感のある生地に合わせても、見劣りがしない生地なのです。これが頼りない素材だと、ボーダーが貧相に、コーディネイトが残念に見えてしまいます。デザイナーのコレクションを、もっとデイリーな着こなしにしたい時に大活躍するのがSAINT JAMES(セントジェームス)のバスクシャツ。しっかりとしたここならではの生地が、経年で肌に馴染んできた時のヴィンテージ感が本当にいい雰囲気です。本当の抜け感とはこう言うこと。「本当のナチュラル」を時間をかけて感じていただけたらと思います。

EP3

SAINT JAMES × FORTE FORTE

EP1

SAINT JAMES × INSCRIRE

EP2

SAINT JAMES × AKIRA NAKA