- EDITOR’S PICS

September 18th, 2017

奇跡のA DETACHER

A DETACHER(アデタシェ)がKELLYに到着しました!KELLYで熱狂的なファンをつくっているブランドのA DETACHER(アデタシェ)。皆さま大変お待たせいたしました。この秋のコレクションを眺めていると出張時の光景が思い出されます。今年の3月、A DETACHER(アデタシェ)のアポイントでショールームを訪ねます。その日は海外出張の最終日で、このアポイントを最後にその夜フライトという予定となっている日です。ショールームのドアを開け中に入ると、半年ぶりに顔を合わせるセールスの方の様子が少し変??そうです、様子が変にもなる状況でした。なんとA DETACHER(アデタシェ)のサンプルが届いていなかったのです。どうやらニューヨークからの荷物のインボイス不備でトラブルが発生。荷物が本国に行き来を繰り返し今の状況に。今日ようやく荷物が届くのですが、早くても午後にしか届かない…。前回の2017SSコレクションをバイイングする際も、ショールームを尋ねたらショールームの場所が土壇場で変更されていて、私は新しいショールームがわからなく、なんとかしてショールームにたどり着くというアクシデントに見舞われたので、アドレステェックを入念に行ってショールームに来たのに…。このアクシデントは予測不可能でした。どうにもできないので諦めて、コーヒーを飲みながらセールスの方とファッションマーケットの様子をお話しして、茶のみ話をそろそろ終えてフライトがあるのでホテルにスーツケースをピックアップしようかな、と思って腰をあげたらフェデックスの荷物が!そこからショールームスタッフ総出でサンプルをセットアップ。諦めの空気からの、怒涛のハンギング、そしてバイイングが無事に終了。本当に何度思い出しても、奇跡としか言いようがない今回のA DETACHER(アデタシェ)のバイイング。少し時間がずれ込んでいたら、KELLYに今A DETACHER(アデタシェ)が並んでいないのです。デザイナーの感性と製品の価値に魅力を感じてバイイングしているA DETACHER(アデタシェ)は、日本ではKELLY以外でなかなか見ることが出来ない希少なブランドです。今回は特に奇跡的に並んでいて希少なコレクションですが、本当に感性豊かな稀有なブランドです。ぜひ、皆さんにA DETACHER(アデタシェ)の不思議でクセになる世界を味わっていただきたいと思います。