The Window

March 26th, 2017

SHINY SPRING GARDEN

WII

W10

W4

KELLY APRIL

「自然界」をテーマにしたブランドが春を彩る今シーズン。PELLICO(ペリーコ)の「カナリア諸島」やDEMYLEE(デミリー)の「ボタニカル」と「サファリ」など、ナチュラルなムードが大きくファッションシーンを盛り上げています。春夏シーズンの昨今のムードは「ナチュラル」がスタンダード化していますが、その表現は様々。その年々によって表現は変化し、同じテーマでもやはり時代によってムードが微妙な変化を遂げます。今年気になるのは、透明感と光沢。ナチュラルさやフェミニンさを表現するのに欠かせない、シアーな素材や質感がこの春のムードです。この春からDEMYLEE(デミリー)は、ラメ糸を提案。この春夏コレクションに新しい素材を提案し、女性らしいムードにデザインを大きく変化させ舵を切り、新たな表現に向かっています。早くもDEMYLEE(デミリー)のスタンダードとなっているラメ糸。この輝きをKELLYはフォーカスし、メタリックなボタニカルの世界を表現いたしました。このキラキラが新しいスタイリングの鍵となるはず。新鮮な質感を是非この春お楽しみください。

follow us

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

March 26th, 2017

FUN TO PATTERN!

DSC_2107
DSC_2103

A.SMITH APRIL

本格的な春の到来。この春に注目しているキーワードの一つが、素材の表情です。特に表情の異なるオリジナリティのあるニットブランドを多種ご紹介しているA.SMITHでは、そのニットの素材や起伏が生むバラエティに富んだ表現をフォーカスし、今月はニットパターンのオブジェを製作しています。マーセライズドコットンのドライな質感、シーアイランドコットンの繊細さと柔らかさ、リネンの清涼感、シルクの光沢感、それに加わる色や編み柄やインターシャなど、その無限の掛け合わせによって唯一無二の作品がこの世に生まれます。それぞれが被らない個性を持ったA.SMITHがご紹介するニットコレクション。ニットブランドが無限の掛け合わせの中からテクニックをピックアップし、今年のおすすめとするニットのデザイン。その表情の違いによって、スタイリングのイメージは変化します。ニットを変えることで、違った自分自身を発見していくことがニットの楽しさ。そのオリジナリティやこだわりを身に纏って、春をスタートさせていただきたいと思います。

 

follow us

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

February 27th, 2017

The wrap carry the spring

W2

W3

W4

W5

KELLY MARCH

コットンやリネンの清涼感が恋しくなる季節です。この季節を堪能できるのが、今シーズンKELLYのおすすめアイテムでもあるシャツやブラウスなどの爽やかなトップスです。ファッションの傾向としてシャツ気分というのもありますが、この季節のスタンダードアイテムでもあるシャツやブラウス。パリッとしたポプリン、柔らかな印象のボイルドコットン、ドライな風合いのリネン。ストライプやボタニカルプリントなど柄も加わり、様々な表情のシャツが店内を賑わせます。そして、今年は「結ぶ」がテーマのシーズン。 RAG&BONE(ラグアンドボーン)やSAYAKA DAVIS(サヤカデイビス)からも新鮮なモチーフとして「結ぶ」が登場するシーズン。N°21(ヌメロヴェントゥーノ)もリボンモチーフが今年の象徴的なモチーフです。「結ぶ」が気がつかせてくれるファブリックの新しい表情。波打つドレープが新しい季節を運んできます。

 

follow us

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
< PREVIOUS
PAGE TOP