「定番をワンピースに変える」

「定番をワンピースに変える」

週末は、いつもジーンズ。スタイルがあると言えば聞こえはいいけれど、どこかフレッシュさやアイディアに欠けてしまうかも。そんなマンネリに喝を入れるのに新調したのはワンピース。ゆるいTシャツ+ボーイフレンドジーンズ、の登場回数を減らして、「ワンピースを今年らしくこなす」を研究中。油断するとまたもやマンネリになりがちなアイテム、ワンピースを、毎回ちがった印象に着こなすが今の重要なミッション。休んでいたおしゃれ心とおしゃれ脳に、新鮮な風が吹く気がする。

「ヘルシーな美しさを目指す」

「ヘルシーな美しさを目指す」

健康的な美しさを目指すなら、スタイリッシュなウェアの後押しも大切。ファッショナブルなアイテムで気分を上げたら、ランニングもヨガも、いつも以上にがんばれるから不思議。AdidasのハイテクノロジーファブリックとSTELLAのクリエイションが融合して生まれたウェアは、世界中のヘルシー志向な女性達のユニフォーム。独特なカラーリングやデザインがモチベーションを上げてくれる。内面からみじみ出る健康的な美しさが求められているこの時代、スタイリッシュなウェアをかさねて自分に磨きをかけよう。

「スタンダードの概念を変えてみる」

「スタンダードの概念を変えてみる」

今になって気がついた、本当に必要なのは「私らしさ」だということを。普遍的な服、が最優先なんじゃない、「私らしい」が一番大切でタイムレス。季節ごとに発表されるコレクションを重ねて、次シーズンもバイイング可能というCRISTASEYA。この「コレクションをストックしていく」という考え方に、洋服との付き合いかたやスタンダードの本質が変わっていくのを感じている。スタンダードの概念を変えてみたら、視野がどんどん広がっていく。「私」を基準にしたスタンダードアイテム。本当に価値あるものを集めていきたい。

「本当のワンアンドオンリーを楽しむ」

「本当のワンアンドオンリーを楽しむ」

ナチュラルな気分や軽快さ。季節を楽しむ洋服を探していた時、ENRICAに出会った。シナモンや墨、自然由来の染料のみで染めあげられたウェアは、経年変化を楽しめるそうだ。着て、洗って、時が経って、良い感じの色や風合いになった時の表情を待つ楽しみ。ワンアンドオンリーという言葉を最近よく耳にするけれど、本当に自分そのものになっていく洋服に出会った気がする。ENRICA__
まるで生きているような服との新鮮な出会いがうれしい。

「コートの着こなしに磨きをかける」

「コートの着こなしに磨きをかける」

年齢とともに着こなしを変えたいアイテム、トレンチコート。誰もが一着は持っているアイテムだからこそ着こなしに差をつけたいし、それに「内面からにじみ出るかっこよさ」も表現したい。そんなアイデンティティを投影させるトレンチコートだからこそ、こだわりや、一味違う魅力的なものを新調してみるのはどうだろう。ファッションの世界で新しい道を切り開き、自分の哲学を貫くStella。彼女のように意思のある、ファッショナブルな女性を目指して、トレンチコートのあたらしい着こなしに、マジメに楽しく取り組んでみよう。

「本物がわかる目利きになる」

「本物がわかる目利きになる」

本当の「本物」がわかりにくい今、“スタンダード”を掲げるかたちだけのスタンダードが蔓延している。JOHN SMEDLEYのようにワンアンドオンリーな__本当に良いものに触れることは目とこころが養われ、豊かな感性にもきっと効果的なはず。上質なワードローブを作りたいと思うなら、まずはJOHN SMEDLEYの定番を手に入れて。時代とともにアップデートするシーアイランドコットンのニットは、今シーズン、「定番」を大刷新。より完成度の高まった定番が、感覚もワードローブも豊かにしてくれる。

KELLY 2016 APRIL/MAY/JUNE

NEXT >
PAGE TOP