WEARING RADICAL

CORBY FACTORY

以前にも増して耳目にする言葉、スタンダード。「スタンダードとは?」を、長いあいだ真剣に考えてきた私たちは流行り言葉とは本来違う「スタンダード」というボキャブラリーのもてはやされ方に疑問に感じ、戸惑いつつ見守ってきた。そんな時代の中、この春はネクストステージへ、皆様をご案内したい。それは「スタンダード」を「ラディカルに着こなす」ということ。ラディカルという言葉を加えたくなったのは、“先鋭”や“過激”の意味をもつその言葉どおり、自分を解放し、ちょっと攻撃的に自己表現を楽しむものとして、スタンダードアイテムと向き合って欲しいから。安心や便利、イコールスタンダード、という解釈でなく、パーソナリティやオリジナリティ表現の場として、「普通」にアイディアをくわえ、じっくりと味わい、脳と心に刺激を与え、スタイリングに「悩んで」欲しいから。本物を手に入れ、憧れを手に入れば、「本当の自分」が見つかるはず。

THE BEST ACTRESS

数々の著名人とともにフィルムを飾ってきたトレンチコート。「トレンチコート」と言えば、すぐにもイメージするアイコンが誰にもあるに違いない。AudreyHepburnやCatherine Deneuve、Charlotte Gainsbourg・・・数え切れないほどの時代の象徴とともにシューティングされてきたトレンチコート。自分だけのベストショットを、誰もが記憶にインプットしていることだろう。これほどまでに女優達との共演のイメージが強い洋服のデザインも他になく、稀有な存在であるトレンチは、その人物と絶妙なコントラストを生む名バイプレイヤーといっても良い。本来ミリタリーアイテムであるトレンチコートのマニッシュな雰囲気が、女優の素の魅力を引き出し、そんな二つの魅力のセッションが、互いの個性を際立たせてきた。

NEXT >
PAGE TOP